www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
発掘遺跡・整理遺跡
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
これまでの発掘・整理遺跡
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

つくば中根事務所 [ご案内マップ]

〒305-0018 茨城県つくば市栄字毘沙門446-1番地 ※ 7月から,上境地区に移転しました。
112 060 527*36
「マップコード」および「MAPCODE」は(株)デンソーの登録商標です。
 

金田西坪B遺跡(こんだにしつぼびーいせき 08-220-110) [ご案内マップ]
112 030 028*02

所在地 茨城県つくば市金田字二本松台1,626-1番地ほか
立地 つくば市の東部,桜川右岸の標高25mの台地平坦部
調査原因 研究学園都市計画事業中根・金田台特定土地区画整理事業
委託者 独立行政法人都市再生機構 首都圏ニュータウン本部 茨城業務部
調査期間 2017年4月1日〜6月30日
調査面積 4,247㎡
種類 官衙跡,集落跡,狩猟場
主な時代 縄文時代,弥生時代,古墳時代,奈良時代,平安時代
主な遺構 竪穴建物跡38棟,掘立柱建物跡19棟,柱穴列1条,陥し穴6基,土坑143基,溝跡9条
主な遺物 縄文土器(深鉢),弥生土器(壺),土師器(椀・坏・高坏・高台付坏・小皿・甕・甑・鉢),須恵器(坏・高台付坏・蓋・壺・甕・甑・捏鉢・円面硯),土製品(土器片錘・土玉・紡錘車・支脚),石器・石製品(鏃・磨石・凹石・石皿・支脚・臼玉・剣形模造品・有孔円板),金属製品(刀子・釘)
*主な時代をクリックすると年表が出ます。
 

調査の成果

6月末に調査が終了しました。確認した遺構は,竪穴建物跡,掘立柱建物跡,柱穴列,陥し穴,袋状土坑を含む土坑などで,奈良時代の官衙関連遺構や,縄文時代中期,弥生時代後期,古墳時代,平安時代の集落跡を確認しました。特に,縄文・弥生時代では8mを超える大型竪穴建物跡や,古墳時代後期では5か所の鍛冶炉を有する工房跡は,注目されます。また,奈良時代の四面廂付建物跡や総柱建物跡などの掘立柱建物跡群の存在は,河内郡衙の構造や拡がりを考える上で重要な資料となります。
 
調査区遠景(南から) 調査区全景(上が北)
 
縄文時代中期の有段式竪穴建物跡 弥生時代後期の大型竪穴建物跡
 
古墳時代後期の鍛冶工房跡 奈良時代の掘立柱建物跡群
 

調査の状況

6月現在で,堅穴建物跡34棟,掘立柱建物跡18棟などを調査しています。今回は,奈良時代の第28号掘立柱建物跡と第11号堅穴建物跡を紹介します。第28号掘立柱建物跡は,南北棟の側柱建物で,桁行5間,梁行3間の身舎の四面に廂が付く構造です。廂を含めた規模は,南北約18m,東西約11mで,当遺跡をはじめ,隣接する東岡中原遺跡や金田西遺跡から見つかっている建物跡の中で最大です。県内でも大型の建物跡として注目されます。第11号堅穴建物跡は,一辺7mの大型の建物跡で,多数の土師器と須恵器が東側から投げ込まれた状況で出土しました。蓋が多く,他には坏や甕,大鉢やこね鉢,円面硯も出土しています。当地区は,古代河内郡の郡衙の成立や運営に中心的な役割を担った人々の生活空間であった可能性が考えられます。
 
四面に廂の付いた第28号掘立柱建物跡 多くの蓋が投げ込まれた第11号堅穴建物跡
 

調査の状況

今年度の調査範囲は,古代河内郡衙の正倉域として国の史跡に指定されている場所から,南に約350mの地点に相当します。昨年度からの継続で,堅穴建物跡22棟,掘立柱建物跡9棟をはじめ,多数の土坑や溝跡などの調査を進めています。特に,規則的に並ぶ総柱建物跡や同一地点で建て替えられた大型の側柱建物跡など,古代の掘立柱建物跡が注目されます。写真(左)は調査を終えた第23号掘立柱建物跡で,梁行3間,桁行4間の東西棟になります。その規模がよく分かるように,柱の建っていた場所に人物を配置しています。写真(右)は平安時代の第24号竪穴建物跡で,竈内から土師器の甕や須恵器の高台付坏が廃棄されたような状況で出土しています。その他,縄文時代の土坑,弥生時代や古墳時代の堅穴建物跡なども確認しています。
 
大型の側柱建物跡(第23号掘立柱建物跡) 土器が捨てられた竈(第24号竪穴建物跡)
 
 

上境旭台貝塚(かみざかいあさひだいかいづか 08-220-093) [ご案内マップ]
112 060 466*34

所在地 茨城県つくば市栄字毘沙門439番1ほか
立地 つくば市の東部,桜川右岸の標高21〜27mの台地斜面部
調査原因 研究学園都市計画事業中根・金田台特定土地区画整理事業
委託者 独立行政法人都市再生機構 首都圏ニュータウン本部 茨城業務部
調査期間 2017年4月1日〜2018年3月31日
調査面積 3,626㎡
種類 集落跡,貝塚
主な時代 縄文時代
主な遺構 堅穴建物跡,土坑,溝跡,ピット群,遺物包含層,斜面貝層
主な遺物 縄文土器(深鉢・浅鉢・異形台付土器・注口土器),土製品(土偶・土版・耳飾り・匙状土製品・土器片円盤),石器(石剣・石棒・石皿・磨石・敲石・砥石・石錘),木製品(漆器),自然遺物(貝・獣骨・堅果種子・自然木)
*主な時代をクリックすると年表が出ます。
 

調査の状況

調査区東部の斜面部において,縄文時代後・晩期の遺物包含層を調査しています。堆積している土層の観察から,湿地状の地形が徐々に陸地化していく様子が確認できました。特に,標高の低い場所は,地下水の影響で有機物が腐らずに残っており,漆器やクルミ・トチノミ・クリなどの堅果類,大小の自然木が出土しています。漆器には,赤漆が塗られており,精巧な彫刻が施されたものもあります。木の道具や水辺を利用した縄文人の生活の様子が分かる貴重な調査といえます。
 
調査区東部全景(北から) 縄文時代後期の漆器
 
 

調査の状況

7月から調査を再開しました。4・5月に行っていた南斜面部の貝塚(斜面貝層)と遺物包含層に加え,新たに西部の台地上と東斜面部を調査しています。西部の台地上は,縄文時代後・晩期の竪穴建物跡や土坑・ピット群が確認でき,当貝塚を形成した人々の生活域が拡がっています。また,東斜面部の調査によって,当時の集落を取り巻く自然環境を知る貴重なデータが得られそうです。
 

調査の状況

昨年度からの継続で,斜面部の遺物包含層と斜面貝層などを調査しています。遺物包含層は大別して上下2層からなり,間にヤマトシジミを主体とした斜面貝層を挟んでいる様相が,徐々に判明してきました。現在は多量の縄文土器や石器を含む遺物包含層(上層)の掘り込みを進めています。そこからは,石剣,石棒,土偶,土版などの「第2の道具」と言われる信仰や祭祀に関連する遺物が数多く出土しています。また,縄文時代の堅穴建物跡や溝跡なども確認しており,当地点は集落の一部であり,また,貝殻や不用となった土器,石器などの廃棄場所としても長期間にわたって利用されていたことが明らかになりました。
 
掘り込みの進む遺物包含層(上層)と溝跡 ミミズク土偶の破片
 
 

 
もどる
上へ
2002 Ibaraki education foundation. All rights reserved.