www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
発掘遺跡・整理遺跡
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
これまでの発掘・整理遺跡
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

八反遺跡(はったんいせき 08-202-102) 第3次調査 [ご案内マップ]
768 813 213*58
「マップコード」および「MAPCODE」は(株)デンソーの登録商標です。

所在地 茨城県日立市国分町3丁目158-1ほか
立地 日立市中央部、太平洋岸の標高22m前後の海岸段丘上
調査原因 一般国道6号日立バイパス事業
委託者 国土交通省関東地方整備局常陸河川国道事務所
調査期間 2021年10月1日〜2022年2月28日
調査面積 4,989㎡
種類 集落跡
主な時代 奈良時代、平安時代
主な遺構 溝跡、遺物集中地点、土坑
主な遺物 土師器(坏・甕)、須恵器(坏・甕)
*主な時代をクリックすると年表が出ます。


調査の状況(2021.11)

八反遺跡の東部の調査が終了しました。調査した範囲は遺跡の東端に当たる位置で、東側は高さ約20mの切り立った断崖となっており、太平洋に接しています。今回の調査では、溝跡や土坑を確認しました。溝跡は、形状や堆積状況から土地を区画するために掘られたものと推定されますが、硬く踏みしめられた層が確認できたことから、道としても機能していたと考えられます。
 
東部の調査が終了した八反遺跡(第3次調査) 硬化面が確認できた溝跡


日立北事務所 [ご案内マップ]
〒316-0035 茨城県日立市国分町3丁目2-13
768 812 238*12
「マップコード」および「MAPCODE」は(株)デンソーの登録商標です。


もどる
上へ
2002 Ibaraki education foundation. All rights reserved.