www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
発掘遺跡・整理遺跡
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
これまでの発掘・整理遺跡
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

鎌田遺跡(かまたいせき 08-482-021) [ご案内マップ]
18 502 520*74
「マップコード」および「MAPCODE」は(株)デンソーの登録商標です。

所在地 茨城県つくばみらい市南太田278-2ほか
立地 つくばみらい市東部、中通川左岸の標高約20mの台地上
調査原因 主要地方道取手つくば線道路新設事業
委託者 茨城県土浦土木事務所
調査期間 2021年4月1日〜2022年3月31日
調査面積 3,277㎡
種類 集落跡
主な時代 縄文時代、古墳時代、奈良時代、平安時代
主な遺構 竪穴建物跡、掘立柱建物跡、柵列跡、墓坑、土坑、溝跡, ピット、遺物包含層
主な遺物 縄文土器(深鉢・浅鉢)、土師器(坏・高台付坏・甕・甑)、須恵器(坏・高台付坏・蓋・盤・高盤・甕・鉢・長頸瓶・短頸壷・甑)、土製品(土器片錘・土玉)、石器・石製品(石鏃・打製石斧・磨製石斧・磨石・敲石・凹石・石皿・勾玉・紡錘車・砥石)、金属製品(刀子・鎌・釘・鉄鏃・鋤先・足金物・鉈尾・銭貨)、剥片、鉄滓
*主な時代をクリックすると年表が出ます。


調査の状況(2021.8)

奈良・平安時代の調査がほぼ終了し、現在は縄文時代の遺構を中心に調査を進めています。縄文時代中期の遺構が最も多く、竪穴建物跡やドングリなどの木の実類を貯蔵するための土坑が集中しています。下半部が膨らむ袋状土坑や円筒状土坑など、形状に様々な特徴が見られます。
 
袋状土坑から出土した縄文土器 径2mほどの円筒状土坑


調査の状況(2021.6)

調査区の中央付近では、奈良時代の掘立柱建物跡の柱穴を多数確認しました。柱穴の並びが近く、重なっている柱穴もみられるため、同じような位置に複数回建て替えられたと考えられます。南北に長い建物が2か所にまとまっており、軸方向が揃うように規則的に配置されている様子がうかがえます。
 
集中する掘立柱建物跡(写真上が北) 3棟の掘立柱建物跡(北から撮影)


調査の状況(2021.5)

昨年度に引き続き調査しています。現在は、奈良・平安時代の竪穴建物跡などを中心に調査を進めています。奈良時代初め頃の竪穴建物跡には、一辺が8mほどある大型のものや、壁下にも柱穴をもち南側に張出部が設けられたものなど、特徴的な建物があります。
 
壁柱穴や張出部をもつ竪穴建物跡(第110号竪穴建物跡) 一辺約8mの竪穴建物跡(第122号竪穴建物跡)


つくばみらい東事務所[ご案内マップ]
〒300-2307 茨城県つくばみらい市板橋2046−2付近
18 531 295*35
「マップコード」および「MAPCODE」は(株)デンソーの登録商標です。

 
もどる
上へ
2002 Ibaraki education foundation. All rights reserved.